アバウト   リンクについて   クラブ活動   ウェブリング   チームハミダシ

2005年06月30日

りゅうちゃん、旅に出る-2003年12月18日 生後116日

PC200002.JPG

子犬飼ってるとやっぱり
みんなに見せたくなっちゃうじゃないですか。
私、急にひらめいちゃったんですっ。

「りゅうを東京に
 連れてってみよっ」
ぴかぴか(新しい)

友人に言ったら「わぁ見たい、見たい」ってな感じだったので
勝手に決めちゃいました。
りゅうちゃん小旅行新幹線

っていったって、私は車が運転できないので
電車とバスを使っての約2時間大移動となります。
キャリーから顔を出させるのも問題なので
「ペットボイジャー2.0」を購入exclamation
飛行機に乗るわけじゃないので
そんなに頑丈じゃなくてもよかったんですが
まぁ、念には念を・・・
まだ体が小さく、中で動いてしまうので
小さいクッションやら布団やらを詰めて
安定するようにし、準備完了ひらめき
ついに出発の日がやってきました飛行機

ペットボイジャーにはショルダーがついていて
初めて持ったとき「軽いから大丈夫」
なんて軽いこと言ってたんですが
これがずっと持ってると、
体力をどんどん奪ってってくれます。
もう・・・ 体が壊れるかと思ったもうやだ〜(悲しい顔)

この重さの問題よりさらに悩ませてくれたのが
「うお〜〜〜ん」というあのビーグルの泣き声。
実家から駅までのバスの中、
駅のホーム、
乗り換えの駅の中、
そして電車の中。
そりゃもう、乗客が見て見ぬフリをするほど
ものすごい声で泣いてくれるんですバッド(下向き矢印)
静かなのはガムを食べてる間だけ。
どうしようもないので
私、車輌の隅っこに座り込み
りゅうと向き合って「お願いだから寝てちょうだい」と
ずっとお願いしてました。

やっとの思いで東京の自宅に着くも
この時住んでいたアパートは

ペット禁止

りゅうは部屋の隅々まで一通り物色。
その間、無事に着いたことを母に電話していると
「ワンワン、ワオ〜ン」
なんだっ、なんだっexclamationと見てみると
部屋に貼ってあるりゅうの写真に向かって吠えてましたったらーっ(汗)
し・ず・か・にっ!!!!!

そんなこんなで無事に(???)目的地まで着いた私とりゅう。
行きがあれば、帰りもあり・・・
簡単に考えるんじゃなかったっどんっ(衝撃)

 <日記-12月18日>
 午前中に待ちに待った「ペットボイジャー」が届いた。
 なんか想像してたよりもずっと軽い。
 早速組み立てて(すごく簡単!)完成!ちょっとりゅうには
 大きいけど。
 そんでりゅうを入れてみた。余裕がありすぎて、バッグの中で
 ゆらゆらしてたので、中に布団を入れてみる。よしっ。
 始めは中でじっとして動かなかったんだけど、そのうち
 慣れてきたのか、中に入ったまま寝てしまった。
 その後、1度水を飲みに出てきて、自分から中に入って
 再びおやすみ。やっぱり狭いところは落ち着くんかね。
 が、扉を閉めた途端、大騒ぎされました。
 明日からりゅうがいなくなるのは、なんだかんだ言って
 みなさん寂しいようで・・・
 お父さんは寝るときに「明日はお父さんいないからな。
 最後にだっこしてやる」とか言っちゃって。
 そんなこんなで明日はりゅうの搬送日です。
 どうなることやら・・・
 PC180003.JPG

 <日記-12月19日>
 まいった、まいった。本当に疲れた〜。
 夕方、何着させようか〜、これを持って〜、あれも〜
 とやってるうちに出発時刻。
 お母さんも連れてバス停に行くと、前のバスが遅れてた
 らしくすぐにバスが来てしまった。
 そのまま慌しくお母さんとお別れし、バスに乗車。
 もうすでにクークー、キャンキャンと泣いておられる。
 乗客から横目で見られながらも無視して、約10分の
 バス移動完了。(降りる時に運転手さんにも声を
 かけられる)
 窓口で手荷物料金を支払い、ホームへ。電車が来るまで
 時間があったので、クークー言うりゅうに1つガムをあげた。
 これがまずかった!
 電車がやっと来たころには食べ終わってる。おかげで
 乗車10分たらずで泣き始める。
 しばらく経っても泣き止まないので、2個目のガムを。
 で、終わったらピーピー。
 あ〜〜〜まいった。
 お願いだよ、りゅうちゃんとなだめ続け、やっとのことで
 寝てくれた。寝たと思ったら、もう乗り換え。
 約1時間の乗車だけで私はぐったりしてきた。
 それにしてもこの乗り換えがまたまた辛い。
 ここでも泣き叫ぶりゅうを無視し、休みながらの移動。
 やっとの思いで到着したホームで、しばし悩む。
 満員の急行でびゅ〜んと帰るか、少しでもすいてる各駅に
 乗るか。考えてるうちに「早く帰りたい!」という気持ちが
 ぐんぐん押し寄せてきて、急行に乗った。なるべくドア側に。
 乗る寸前に3個目のガムをあげる。お願いだから・・・
 ドアの近くに立っていた高校生の女の子2人がりゅうに気付き
 小声で「ビーグルだ。かわいい!」と言ってるのが聞こえ
 普段なら100%笑顔を返すのだが、そんな余裕は全くない。
 10分だけ我慢してくれればいいのに、最後の最後でまた
 泣き始める。が、バッグを足元に置いといたため、満員電車
 の中じゃあ、皆さんどこに犬がいるかわからんでしょう。
 周りの人がきょろきょろする中、私は知らん顔してた。
 まぁ、この頃には私もだいぶこの騒ぎになれてきてたし。
 やっと駅に着いたが、あまりにも疲れたので買物も中止。
 そのまま静かにアパートに帰る。
 まずはトイレシーツを敷いて、
 ほらっとドアを開けてあげたのに、なかなか出てこない。
 やっとこさ出てきて、そのまま部屋の隅々まで物色。
 で、そのまま走り出す。こら〜〜〜〜っ!!
 目を離したスキに、防音のために敷いておいたマットで
 う○ち。あ〜〜〜と片付けているとなりで、しっこ。
 ・・・もうコレ処分です・・・
 その後、到着の連絡を・・・とお母さんに電話していると、
 普段あんまり吠えないりゅうが、急に吠え出した。
 あわてて電話を切り見てみると、どうやら貼ってあった
 自分の写真に向かって吠えてたらしい。なんだそれ!!
 電車の中でガムを3つも食べてるので、ちょっとだけ
 ごはんをあげて遊んでいたら、やっぱり疲れたのか
 ぐっすりと寝てしまった。そりゃあれだけ泣けば
 疲れるでしょ。これからの2日間が思いやられる・・・
 P1130004.JPG

ニックネーム みんみ at 15:36| Comment(2) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

りゅうちゃん、お風呂に入る-2003年12月9日 107日

P1130007.JPG

子犬っていつごろお風呂に入れていいのかな?
そう思って調べてましたが
回答はまちまちで、本当のところどうなんだか??
で、そのまま4ヶ月目に突入してましたたらーっ(汗)
ここまできたら、散歩に行ってはないにしろ
やっぱし汚いバッド(下向き矢印)
ので、初の入浴となりましたいい気分(温泉)

お風呂場で逃げられると困るので
我が家初のお風呂はキッチンの流しでexclamation
これが案外すっぽり収まり
驚くほどのおとなしさ。
それに引き換え私といえば
ワンコのシャンプーなんてひさしぶりで
頭ではわかっていても
どっからどうやればいいのか
アタフタしておりましたあせあせ(飛び散る汗)

今でもシャンプーの時はおとなしく
されるがまま状態のりゅうですが
問題はその後のドライヤーもうやだ〜(悲しい顔)
どうにかして逃げようと、そりゃもう必死どんっ(衝撃)
洗濯機の上でドライヤーをかけていたら
案外おとなしかったのですが
最近は飛び降りる事を覚えましたので・・・右斜め下

ちょうどこの頃、ご飯を変えました。
我が家にやってきたときに買った
「ユーカヌバパピー」から「ペディグリーチャム」へ。
(ビーグルパッケージのやつです犬
これは単純に

飼い主の予算の問題!!

だって高いんですも〜ん、ユーカヌバシリーズむかっ(怒り)
でもビーグルって(とかくりゅうは)
何あげても喜んで食べてくれるんで
この辺は本当に助かります揺れるハート

 <日記-12月9日>
 天気がよく、日中暖かかったので、りゅう初の入浴。
 とにかく逃げ回るだろうと思い、
 キッチンで洗うことにした。
 が、予想に反してじっとおとなしくしている。
 ビックリしてるだけなのかも・・・
 なにしろ最近はゴンちゃんが足の具合が悪くて
 お風呂に入れられないので、こっちとしても
 久しぶりにお風呂に入れるわけで・・・
 どう洗ったらいいのかジタバタしてしまいました。
 その後のブルブルも一丁前にやって、
 ドライヤーから逃げようとしながらも、無事終了。
 りゅうはいい匂いをなびかせて、やっぱり走り回って
 ました。
 PC030003.JPG

 <日記-12月10日>
 今日は最悪。
 りゅうが朝のう○ちのためにトイレに行ったので
 いい子だねぇ・・・と思いながら、キッチンにいた。
 その後、りゅうのトイレシートを取り替えようと
 居間に向かった時・・・ビチャッ!!あれっ????
 トイレだけでなく、マットの上にもしてあった!!
 あ〜 踏んじゃったぁ〜〜〜〜!!!
 怒りながらもこの物体をティッシュにくるみ、トイレの中に
 置いといて、まずは私の足とマットの掃除。
 それだけでもドボンなのに、りゅうはスキを狙って
 トイレに置いといたう○ち入りティッシュをくわえて逃亡。
 あんた〜う○ち食べるんじゃないのぉ!!!
 ちょうどゴンちゃんの散歩から帰ってきたお母さんは
 大笑いしてるし、お父さんはのんきに顔洗ってるし・・・
 りゅうをつかまえようとしたら、見逃してた物体を
 もう1度踏んじゃうし!!!もう、最悪!!!
 気を取り直して・・・
 午前中、りゅうも連れて駅前まで出かけました。
 だいぶ外にも慣れてきたので、きょろきょろと見渡しながら
 お散歩。郵便局で30分ほどお母さんを待ってる間、
 全く落ち着かないので、バッグから出して道路へ。
 もう即効で石を加えてる。こりゃダメだ。
 しょうがないのでおやつでなだめて、だっこして待ってた。
 悲しいかな・・・
 この姿を見て、1人として”かわいい〜”と言ってくれない。
 それにしてもキャリーバッグがパンパンになってる。
 肩が痛いよぉ〜。

 <日記-12月11日>
 今日からごはんを「ユーカヌバ」から「ペディグリーチャム」
 に切り替えた。”ごはんを変える時は少しずつ”という
 指導に反して、ばっさり変えてしまってもいつもどおり
 即効食いしてくれた。
 なんでこの子はくるくる回って、あっちこっちにう○ち
 するんだろ。
 PC070002.JPG

 <日記-12月15日>
 3日休んで、久しぶりに実家へ。なんだかりゅうがずっしり
 重い。それにでかい。このまま成長していったら、きっと象
 なみになるに違いない。
 この3日間で階段の上り下りをマスターしていた。
 喜ぶべきか否か・・・
 PC170008.JPG

ニックネーム みんみ at 14:12| Comment(2) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

りゅうちゃん、お散歩練習-2003年11月29日 生後97日

PC090004.JPG

病院によって違うようですが
りゅうが行ってた病院では
「ワクチン3回、それからお散歩デビュー」
ということだったので
まだまだお散歩できずにいました。

その時ちょうど私の誕生日に友人からもらったのが

「ワンちゃんだっこバッグ」

もう前に買ったキャリーでは耐えられない重さだったので
このバッグ(5kgまでOK!)に収納し、
ゴンちゃんと一緒にお散歩犬
(↑コレ、肩が凝るんで疲れますバッド(下向き矢印)
始めは怖がって私のほうばっかり見ていたのに
数日経つと、もう他のワンちゃんやら鳥やらに
すっかり夢中になり、しっかり押さえてないと
飛び出してしまいそう!

で、外に慣れてきたところで
家の前の駐車スペースで遊ばせようとしたのですが
今度は固まっちゃって全く動かずたらーっ(汗)

こんなに怖がりじゃあ、
お散歩行ってもお友達できないよぉ〜って
毎日言ってたものです。

がっ・・・・・

今となっては、ワンコに近寄りすぎ
騒ぎすぎ、しつこすぎで
違う意味でなかなかお友達ができなくなってしまいましたっダッシュ(走り出すさま)
ふえ〜〜〜んバッド(下向き矢印)

 <日記-11月29日>
 新潟戻りのせきぽん(同居人)がりゅうに会いに
 わざわざ実家にやってきた。
 「かわいいでしょ」と言っても、返答なし。
 そりゃ、あなたが飼ってたヨーキーやチワワとは
 違いますけどっ!!
 夕方、ホームセンターに行き、こないだ却下された
 りゅうのカラーとリードを買ってもらう。それに加えて
 黄色のパーカーと木のおもちゃも便乗。
 家に帰って早速装着。カラーはそんなに嫌がらなかった
 (しきりに首を掻いてた)けど、リードを着けて歩こうと
 したら、噛み付いてばかりで全く前に進まず。
 こんなんで本当にお散歩なんか行けるのかい?
 夜は見慣れないおじさんに散々じゃれつき、大暴れをして
 21:30にはひっくり返ってねていました。
 PC040014.JPG

 <日記-12月1日>
 寒い1日だったので、犬たちもげんなりモードで寝っぱなし。
 事件といえば、朝食時、一瞬レンジのほうを向いたスキに
 りゅうがテーブルの上にあったパンの耳を2つくわえて
 逃げてったことくらい(へっ?)

 <日記-12月3日>
 昨晩の事件はりゅうではなく、ゴンちゃん。
 夜中にりゅうがふとんから出たので目が覚めると
 枕元にゴンちゃんが寄ってきた。
 ん、ん?なんかおかしい??
 電気をつけると、ゴンちゃんラッパをつけてない!
 足元にラッパがポロッと落ちていた。
 すでにゴンちゃんは傷口を舐めてるどころか、噛んで
 しまっていて血だらけ。年内には治るね・・・と
 言ってたくらい、順調に治ってただけに、お母さんは
 完全にキレて、当人にはわからん日本語で思いっきり
 説教したそうな。そのうち、「もうすぐだったのに」と
 思い出したら悲しくなってきて、涙が止まらなくなった。
 それを見たお母さん大好きっ子ゴンちゃん、
 「ごめんなさい」とばかりに隣に寄り添って
 お母さんの顔をなめてなぐさめてくれた・・・とさ。
 ん〜 ゴンちゃん、なんてやさしいの・・・
 って、あんたが悪いんでしょ!!
 PC050011.JPG

 <日記-12月4日>
 毎日の恒例行事の大暴走が本日も行われたが、最近は
 自転車カゴも、押入れ攻撃もきかなくなってきた。
 そこで私は再び新たな方法に挑戦!
 暴れたら、首のあたりと体を床に押し付ける方法。
 犬が”キャン”と降参するまでやるそうなんだが・・・
 まずつかまえるのに一苦労。なんとか押さえて、静かに
 なるまでそのままにしておくも、離すと再び暴走。
 まったく効果ナシ。
 そこで”このやろ〜”と赤ちゃんにするように
 高い高いをやってみた。へっ?やっぱし高いトコ苦手?
 何回かコレをやって下に降ろすと、すっかりヘコんじゃって
 そのまま寝てしまった。よしっ、コレだ!!

 <日記-12月5日>
 また買っちゃった、星柄フリースコート。もう病気だ。
 4〜5kgサイズとなってたが、着させてみたらブカブカ。
 でもコレあったかくて気に入ったらしく、気にせず
 ずっと着てた。そのまま寝てるし。
 PC050006.JPG

 <日記-12月6日>
 夕方のゴンちゃんのお散歩にりゅうも連れて行った。
 こないだもらった「だっこバッグ」に入れて、いざ出発!
 せっかくのお散歩なのに怖がって、バッグの中で
 ちょこんとしてる。外見なさいっ、外を!

 <日記-12月7日>
 お父さんが休みだったので、ホームセンターへ行き
 りゅう用品の買出し。今日見たら「犬用カート」が
 置いてあった。今度りゅうも連れてきてみよう!
 で、まだ車に乗ったことがなかったので
 家に着いてから、近所をグルッとドライブすることにした。
 始め、後ろの席にりゅうだけ乗せたら、ブルブルふるえて
 歩きもせず。こりゃダメだ。
 で、助手席に連れてきて、だっこして、窓全開にすると
 鼻をクンクンさせ、外の風景をおとなしく眺めている。
 そのうち慣れてきて、窓に乗り出そうとしていた。
 なんだか車は平気みたいです。これでおでかけできるね。
 
 <日記-12月8日>
 朝からお母さんとお歳暮の買出しのために、お出かけ。
 帰りが14時ころになってしまったので、きっとおなかを
 すかせてるだろう。。。と急いで帰ると
 あ〜〜〜 やっぱりおとなしく留守番してなかったのね。
 スリッパはあっちこっちへ。おもちゃ箱はひっくり返ってる。
 ゴンちゃんもいじめられてたんだろうなぁ。
 夕方、リードを付けて、家の中でお散歩特訓。
 またリードで遊びだすので、おやつを手にして、前に
 歩かせた。やっぱりおやつがあると強いわ。
 で、そのまま外に出してみようと試みる。
 まずは玄関に下ろす・・・動かない。
 そして玄関から外へ・・・
 一目散に部屋に中に逃げてしまった。
 こんなんで大丈夫???
 PC110002.JPG


りゅうちゃん、尻尾のカット失敗でハズカシイたらーっ(汗)

ニックネーム みんみ at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

やっぱり落ちた-2003年11月21日 生後89日

PC040005.JPG

「階段は危ない」ときのうの日記でも書きましたが
りゅうは見てないところで
毎日階段越えに挑戦していました。
まだやっとソファに乗れるくらいだったのにぃ・・・
気づいたらだっこして降ろすようにしてたのですが
やっぱし・・・やっちまいましたたらーっ(汗)

ドンッ

この音で気づいたて見てみると
びっくり顔のりゅうがびっこひいて近づいてきましたどんっ(衝撃)
階段から飛び降りた様子。
え〜〜〜〜〜っ、だいじょ〜ぶなのぉexclamation×2
たまたまこの時、
2回目のワクチン注射で病院に行く準備をしてたので
あわてて出発あせあせ(飛び散る汗)
・・・が、病院に着いたら、何事もなかったかのように
走っておりました犬
先生に診てもらってもまったく問題ナシ。
でもでも
ちょっと元気な子犬を飼っているみなさん、
階段には気をつけたほうがいいですぞexclamation

このころになるとやっとトイレのほうも落ち着き
ゴンちゃんと一緒にお留守番もしてくれるように
なりました。
まぁ、そんなに仲良くはないので
帰ってくると曲がり角から
2匹の戦う声が聞こえていたりで・・・

ビーグルは寂しがりやのワンコなので
お留守番は苦手なんですよね。
ゴンちゃんがいれば(まだ)よかったのですが
問題は、家に誰もいなくて
母がゴンちゃんの散歩に行ってるとき。
家にだんだんと近づくにつれ
「やっぱしりゅうの声だった・・・」と思うくらい
遠くのほうからアノ声が聞こえてるんだそうです演劇

お留守番の問題(分離不安)はこの数ヵ月後、
壮絶な人とりゅうとのバトルと化していくんですが
また後々詳しく書いていきたいと思ってます。


 <日記-2003年11月21日>
 今朝は事件ですっ。いつもどおり(?)、朝ごはんの後
 大暴れしていたりゅうさん。2階に上がったお母さんを追って
 ゴンちゃんが2階に行くと、負けずに階段上り。 
 3〜4段しか上れないんだけど、ちょっと目を離したスキに
 階段から飛び降りたらしい。気づいたらびっこ引いてる!
 それまで大騒ぎしてたのに、おとなしくなってしまった。
 骨折とかしてないか心配になり、
 急いで出かける準備をする。
 きょうはやっと2回目のワクチン接種。お天気もよかったので
 病院まで。それにしてもずっしり重くなってるんですけど。
 先生たちに”大きくなったねぇ”とかわいがられ、恒例の
 ウレション。状態はいたって健康。左耳にちょっと耳垢が
 出てるので、耳の薬をもらう。今朝くじいた前足も、ちょっと
 赤いかなぁ〜と思ってた目も問題なしと。
 びっくりしたのが体重!3kgになったかな〜と思ってたら
 なんと3.6kg!!そりゃ重いよ。
 そんなこんなで無事に帰ると、またもやオークションで
 買ってしまった洋服が届いていた。来月はきっと着れないと
 思われるほどジャストサイズ。
 先月は病院で爪きりをしてもらったが、初挑戦してみた。
 病院疲れでぐっすりの間にちょきんと。まだ爪も柔らかい
 ので、切りやすい。ん〜いいぞ!
 PB210003.JPG


 <日記-11月22日>
 私は自宅へ。せきぽん(同居人)も休みだったので、
 自由が丘へ。
 まだ逢ってもいないりゅうのために、首輪とリードを
 買ってくれる!ということで
 かわいいショップに入った。これがいい〜!と差し出した
 7000円の首輪を見て、せきぽん「却下」。かわいい〜!と
 渡したTシャツの9800円という値札を見て「却下」。
 結局、自由が丘なんかで買うなっ!と言われ、
 途中でシャンプーだけ買って帰りました・・・

 <日記-11月25日>
 3日ぶりに実家へ。電話でお母さんが「大変だよ〜」と
 嘆いていたが、やっぱり3日会わないと
 歓迎ぶりがものスゴイ。こりじゃ、1人じゃあ大変ですな。
 だっこしてみると、なんだかずっしり重くなった気がする。
 この3日で!こんなに成長する?
 PB250009.JPG


 <日記-11月26日>
 ゴンちゃんの足の薬と、りゅうの耳の薬を病院でもらって
 出勤。りゅうの耳のほうは800円の薬だけあって、絶好調。
 よくなるまでは毎日薬をつけて、その後は3日おきくらいで
 いいようだが、この分だとすぐによくなりそう。
 今日はついでにおヒゲをカット。最近ストーブの前に
 陣取ってるので、ヒゲが燃えるんじゃないかとお母さんが
 心配していた。うん、スッキリ。
 少しはハンサムになっただろうか??
 グッスリ寝てたので、久々身体測定を。
 首周り 22cm、おなか周り 36cm、前足長さ 16cm、
 後ろ足長さ 18cm、口周り 18cm、耳の長さ 11.5cm、
 頭てっぺんから鼻先 14cm、しっぽの長さ 20cm、
 耳と耳の間の長さ 10cm、鼻の白ラインの長さ 5.5cm。
 あまりに寝てるので、おもしろ半分あちこち測定。
 やっぱり大きくなってるね。
 PB280001.JPG
ニックネーム みんみ at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

ゴンちゃんのおしおき作戦-2003年11月16日 生後84日

PB200005.JPG

ゴンちゃんの足の傷がなかなか治らず
自分でも噛んでしまうので
この頃はエリザベスカラー(通称ラッパ)を
付けさせてました。
ただ、ふせをするとカラーが傷口にあたってしまうので
これ以上悪くならないように
カラーの周りに100均で買った「スキマテープ」を
貼り付けていたんです。

りゅうはこれが気に入ったのか
隙さえあれば取ってやろうという気になってたみたいですたらーっ(汗)
ある日、母がテープを交換していると
そっと後ろから忍び寄り、
交換するスキマテープをくわえて走っていきました。
すかさず私がつかまえて、母が取ろうとした時ひらめき

「ガブッ」

母の手からは血がぽたぽた。
私がおしおきとばかりに廊下に閉め出すと
今度は廊下で当てつけおしっこむかっ(怒り)
ほんっとに二重、三重の怒りどんっ(衝撃)

でもこういうとき
一番怒るのゴンちゃんなんです。
ゴンちゃんは母が大好きなので
父が冗談で母の肩とかをパンパン叩くと
いつもの温厚なゴンちゃんが急変exclamation
ゴンちゃん、思いっきり父に吠え掛かりますぴかぴか(新しい)

なのでこのときも、
ゴンちゃん 追っかけまわして怒ってました。
それで観念したのか、りゅうはおとなしくなり
今度は母のご機嫌とりにexclamation&question
まったくぅ〜〜〜パンチ

あとりゅうが怖がったのが、外と押入れ。
まだ散歩に行けなったので
大暴れしているときにだっこして外に連れていくと
玄関から1歩出ただけでピクッと緊張するのが
伝わってくるんです。
で、そのまま自転車のカゴに入れると
「ごめんなさい、ごめんなさい。もうしませんから〜」
とばかりに、私にしがみつこうとします。
今では考えられないことなんですけどねっダッシュ(走り出すさま)
まぁ 部屋に入っちゃったら、また暴走なんですけどたらーっ(汗)

押入れは布団が詰まった状態で
てっぺんに乗せるんです。それで閉める。
ピーピー鳴くのもほっといて
しばらくして開けると「だっこ、だっこ」と。
それで当分はおとなしくなりますわーい(嬉しい顔)
しばらくは効果がありましたが・・・
しまいには飛び降りることを覚えてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)



 <日記-11月16日>
 最近りゅうは布団で一緒に寝ている。
 本当はイケナイんだけど。ゴンちゃんも並んで寝てる。
 サークルで寝てたときは早朝から起こされたが、最近は
 りゅうが一番遅い。ゴンちゃんが6時ころ散歩に出ても
 まだ寝てる。私が洗顔しにいってもまだ寝てる。
 ゴンちゃんが帰ってきてやっとお目覚め。
 夕方、ゴンちゃんのラッパのスポンジが取れてきてしまった
 ので、お母さんと張り替えようとしていると、後ろで
 狙っていたりゅうが、新しいほうをわざわざ選んで持ってって
 しまった。”あ〜っ!”と言いながら私がつかまえ、
 お母さんが口からスポンジを取ろうとしたとき・・・
 ガブッ!お母さんの指に噛み付き、逃げてった。
 指からはポタポタと血が・・・おしおきに廊下にほっぽり
 出したら、今度は廊下でおしっこ。
 ゴンちゃんはおかあさんの仇と、思いっきりどなっていた。
 その勢いのあってか、その後おとなしくなり
 お母さんのご機嫌を伺いながら、膝の上でゴロゴロ。
 まったく!!
 夜はこれまた大騒ぎ。おかしくなったか?と思うほど
 家中を走り回り、それを見てゴンちゃんが吠えまくり・・・
 最後は無理矢理捕まえて、お母さんの奇妙な子守唄で
 寝かされた。・・・しばらくすると大いびき。
 まったく1日振り回された・・・
 夕方、弟カップルが登場。りゅうは久しぶりに会う彼女の
 スカートにうれション。あげくに鼻に噛み付くという
 荒業をやってのけた。
 PB170016.JPG

 <日記-11月18日>
 りゅうのう○ちから、1cmくらいの白い虫が出たっ!
 うひょぉ〜〜。ゴンちゃんの虫下しを少し舐めさせてみたが
 どうだろ??
 PB250010.JPG

 <日記-11月19日>
 先日、オークションで510円でGETしたドクロトレーナーが
 届いた。で、早速着させてみたがちょっと大きいので
 腕まくり。じゃあ、写真をとカメラを向けると、座ったまま
 寝ているようで、おかしな座り方のままじっと動かない。
 この姿がなんともおもしろく、涙を流して笑った。
 PB190017.JPG

 <日記-11月20日>
 あんまりりゅうが大暴れするので、だっこして外に連れ出す。
 なんだか怖いのか、私に爪を立ててしがみついている。
 おもしろいので、ちょっと近所を歩いてみた。
 もう、しがみついちゃって。離れない。
 この子、外が怖くって、お散歩行けるようになるかしら。
 きょうは階段を4段まで上ってた。気をつけて見てないと
 危ないっ!
 PB250001.JPG
ニックネーム みんみ at 15:29| Comment(2) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

うめぼしくん、出てきてちょーだいっ-2003年11月10日 生後78日

PB160003.JPG

この頃おやつでつって覚えた必殺技は「ゴロン」。
人差し指をくるんっと回すと
床を右回りにゴロンとまわる(そのままっexclamation)アレです。
始めは「りゅうちゃんゴロンねぇ」と言いながら
床にりゅうを手で押さえて回してたんですが、
本人もこれが案外おもしろかったらしく
簡単に覚えてくれました。
そのうち「ふせ」と「ゴロン」が一体になってしまい
「ふせ」の後、
押さえ込まなくちゃならなかったんですけど・・・バッド(下向き矢印)
今では「ゴロン」って言えば回るようになり
たまにおやつを見ただけで勝手に回ってることもあります。

さまざまなイタズラをしてくれるりゅうですが
梅干をまるごと食べてしまったときは唖然たらーっ(汗)
ゴンちゃんだったら「う○ちで出るでしょ」と
簡単に考えるでしょうが、なんせまだ子犬犬
必死になってネットでしらべました。

が、どこを見ても「出るまで待つ」としか出てないので
毎日現れてくれるのをただただ待つばかり・・・
やっと3日目にして出てきてくれたときは
母とワンコたちと一緒になって大喜びしましたわーい(嬉しい顔)


いいことがあれば、悪いこともあり・・・
やっぱり我が家の暴走馬は止まらないのでありますダッシュ(走り出すさま)


 <日記-11月10日>
 今日でりゅうが我が家にやってきてちょうど1ヶ月。
 ずいぶんと態度がでかくなり、成長もしてきた。
 んで、お初の身体測定をやってみた。
 胴回り 35cm、首周り 20cm、首からお尻 32cm、
 鼻から頭 12cm、尻尾 16cm、足の裏? 11cm
 うん、まだまだかわいいさかりです。
 PB100016.JPG

 <日記-11月11日>
 きょうは12月上旬の寒さで、1日中雨降り。
 2匹の犬たちも寒いのか、ホットカーペットの上で丸く
 まっている。あまりに寒いのでヒーターを出してみた。
 りゅうはこれが気に入ったのか、前に陣取っていねむり。
 ”犬はよろこび庭かけまわり〜”って曲あったよなぁ。
 トイレの失敗はまだまだ続いており(今日はキッチンで2回)
 あいかわらず。
 今日はゴンちゃんの身体測定をこころみるも、メジャーが
 怖いのか胴回り(72cm)しか図らせてくれなかった。
 PB120004.JPG

 <日記-11月12日>
 昨晩は大騒ぎだったらしい。きのうの晩御飯はカレー。
 いつもカレーはじゃがいもが煮崩れしないように、梅干を
 入れる(伊東家まめ知識)のだが、煮込んで出した梅干を
 テーブルの上に置いといたら、りゅうがパクリ!
 お母さんがあわてて種を探したが見つからず。どうも
 食べてしまったらしい・・・
 その後も元気に飛び回ってるし、う○ちもしてるが
 種は出てこない。早く出て来い!!
 PB130003.JPG

 <日記-11月13日>
 朝 病院に寄り、ゴンちゃんの足の塗り薬をもらってきた。
 病院のお姉さんに”りゅうちゃんは元気?”と聞かれ
 間をあけずに”もうどうしようもなく元気です”と。
 きょうの特訓。お手、おかわり、おすわり、おまわりなど
 ちゃんとできるようになったが、問題は「ふせ」。
 なかなか100%とはいかないが、おすわり→ふせ→ゴロンは
 だいぶできるようになった。が、「ふせ」と言うと
 ふせ→ゴロンまでまとめてやってくれる。「ふせ」をした
 瞬間に押さえてみるが、本人はどうも回りたいらしい。
 ん〜 複雑。
 トイレのほうははみ出しはあるものの、3ヵ所のトイレで
 するようになってきた。梅干はまだまだです。

 <日記-11月14日>
 やっと!やっと!待ち望んでいたものが!
 梅干の種が出てきた!もうそりゃ大喜び。最近は
 とにかく何でも食べてしまうので、困っている。
 プラスチックのかけら、畳の切れ端、髪の毛やらが
 う○ちと一緒にまとめて出てくる。まぁ、出ればいいけど。
 午後、こないだオークションで落札したりゅうの初洋服が
 届いた。早速着させてみると、ジャストサイズ!
 チワワサイズって書いてあったけど、チワワってこんなに
 小さいんだぁ。
 着たときは腕の付け根あたりが気持ち悪いのか
 しきりに掻いたり、すそを噛んだりしてたが、
 しばらくしたら慣れたようで、着ているのが当たり前の
 ような顔をしていた。おすわりをして後ろから見ると
 ハートが書いてあってかわいいんだけど、前から見ると
 金太郎みたい!なかなかおもしろいので、お母さんと
 大笑いしていた。
 PB140011.JPG

 <日記-11月15日>
 なんだかずっしりとくる。膝の上で寝てるとき、片手で
 持ち上げたとき、重くなったことを実感する。
 ためしに先月買ったキャリーに入れてみたら・・・
 先月入った時は、バックの中で揺られてる感じだったのに
 やっぱり大きくなってるのか、中でくるくる回れなく
 なってる。もう3kg超えてるのかな?
 今日はお母さんが2階に上がったときに、階段3段まで
 着いていってた。まだ降りられないんだけど。
 だんだんと行動範囲が広がってってる。
 PB150015.JPG
ニックネーム みんみ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

暴走ビーグルまつり-2003年11月1日 生後70日

PA170027.JPG

ビーグルって犬はここまで元気なの?
子犬ってみんなこうだっけ?
そう思わずにはいられない日々。
なんせゴンちゃんが子犬のころって
みんなそれぞれ忙しく仕事をしていて
なんの記録ものこしてないので
「ゴンちゃんってどうだったっけ?」と
皆がみんな口を揃えて言うほど、覚えてないんですたらーっ(汗)
なので、りゅうのいたずらぶりは
ビーグル特有のものなのか
はたまた子犬特有のものなのかわからないんですね。
私も母も仕事をしながらの子育て(?)だったので
年中かまってはいられないんですが
その隙をねらっては見えないところで何か始めてる。
で、こ〜ら〜!!!という毎日でした。

暴走ぶりも頭を悩ますことだったのですが
もう1つもっとも頭を悩ます問題。
1階への引越しで、覚えかけていたトイレ特訓が
水の泡になってしまったことです。
しかも、2階の時よりひどい始末むかっ(怒り)
このトイレは3箇所にあり
シーツの枚数も6枚と準備万端にしていたのですが
こんなに広げていたってやらないもんはやらないダッシュ(走り出すさま)
それも見てないときに部屋のド真ん中から
普段気にしてない隅っこのほうまで
ありとあらゆるところにブチまけてくれました。

「怒ってはいけない、怒ってはいけない」
と思うものの、これでは褒めるタイミングもないっexclamation
結局 動いてるりゅうの行動をできるだけ見張り
しそうだな・・・と思ったら、近くのトイレに連れて行き
「ちっこ、ちっこ〜」とするまでその場を離れさせない。
ちゃんとできたらちっちゃいジャーキーをあげて褒める
・・・ということを繰り返しました。
(やっぱり食べ物には弱いですねぇわーい(嬉しい顔)
この状態は3週間ほど続きましたが
あまりしないところから1枚ずつシートを撤去し
最後はサークル内だけにしました。

でもこのトイレの失敗って、あてつけもあるんですよね。
失敗した後、反省どころか
「してやったり」という顔をしてるときもあるんですもんパンチ
もおっ爆弾


 <日記-11月1日>
 きのうは完全にびっこひいてたゴンちゃんは、
 今日はずいぶん調子がいいようで、一安心。
 実家に着いてドアを開けた途端、尻尾フリフリの2匹が並んで
 お出迎え。なんとも和むひととき。
 2匹ともずいぶん慣れたようで、ゴンちゃんも足にぶつかった
 時くらいしか吠えなくなった。
 りゅうは最近まともにトイレでしてくれない。部屋中に
 ぶちまいている。本人は反省のイロなし。あてつけ??
 PB060014.JPG
 
 <日記-11月3日>
 今日から4日間実家宿泊。ゴンちゃんは足の具合がどんどん
 悪くなってるようなので、再びラッパ(エリザベスカラー)
 着用となった。ラッパつけると落ち込んでしまうんだけど、
 早く直すためには心を鬼に!
 今日はTVでナビスコ杯の決勝をやっていたので、
 決勝に残った浦和レッズサポーターのお母さんは、
 TVの前でおやつを食べながら大興奮!!
 そんな様子を膝の上でじっと見ていたりゅうが、スキを狙って
 手に持っていた厚焼きせんべいをパクリ。あわてて口から
 出したけど、結局半分くらいGETしていた。
 あんなに固いもの食べて大丈夫なの??
 今朝も事件があったらしい。
 ゴンちゃんとお母さんが朝の散歩から帰ってきたら、
 いつもなら喜んで出迎えるりゅうが
 思いっきり寝ていたらしい。
 おかしいなぁ・・・と思いながらも
 脱衣所に行くと・・・(※注1)
 残してない!ない!
 ゴンちゃんの残ってたごはんがないっ!
 どうやら脱衣所の扉がちょっとだけ開いていたらしく、
 見張ってたお父さんの隙を狙って
 全部食べてしまったらしい。
 だからおなかいっぱいで寝てらっしゃるわけ。
 おしおきとしてお昼ごはんはナシッ!!!

  ※注1 ゴンちゃんはよくご飯をちょっとだけ残して、
      それをお昼に食べる、というニャンコのような
      習性があるので、この残してるご飯をりゅうに
      食べられないように脱衣所に置き、いつもは扉を
      閉めてました。
 PB030002.JPG


 <日記-11月4日>
 今日はお母さんの誕生日。昨晩は弟がケーキを持ってきて
 くれたので、みんなで食べた。ゴンちゃんとりゅうにも
 ちょっとだけおすそわけ。
 満腹りゅうくんは、TVを見ている間に布団の上で
 寝てしまった。
 もうこうなったら、なにされようが絶対起きない。
 なのでそのままみんな並んでおやすみ。
 朝起きたら、おんなじ場所でひっくり返って寝ていた。
 午前中、銀行めぐりに駅前まで行ったので、本屋に寄り
 ずっと欲しかった「ビーグルのすべて」をGET!
 お母さんと口を揃えて出た言葉は
 ”やっぱりモデルだけあってかわいいねぇ”。
 家に来たときから”ブサイク”といわれ続けて
 きたりゅうとの違いを見比べてみる。
 結果・・・
 (1)目が離れる (2)顔がながい (3)目が小さい
 (4)アイラインが薄い・・・ などなど。
 大きくなったらどんな顔になるんだろうねぇ、と2人で顔を
 しげしげと見つめた。
 
 <日記-11月5日>
 今日は2匹ともよく寝る。寝ていると家は静かで、
 のんびりしている。
 寝ているりゅうは天使のようにかわいいが、
 あんまり寝起きの回数が多いと困ったことが・・・。
 それはトイレ。起きるたびにおしっこやらう○ちやら
 するんだけど、これがあっちこっちにしてくれるんだから
 困りもの。それでもう○ちのほうは失敗が少なかったのに
 きょうは2回も部屋の真ん中でしてくれた。はぁ。
 PB070019.JPG

 <日記-11月6日>
 こないだからサークル脱出作戦の成功確立が上がってる。
 始めはサークルをよじ登って上から出ようとしても
 「まだ無理だろう」とおもしろ半分眺めてたが
 最近は100%成功し、脱出タイムも早くなっている。
 ここで節約せずに、屋根つきにしとけばよかった、と反省。
 そしてついに・・・キッチンのイスにも登れるようになって
 しまった。見てると、イスに敷いてあるひも付きのクッションに
 爪をひっかけて登っていた。
 これって腕の力だけで登ってる訳で
 この腕力にびっくり!どうりで皆さん傷だらけなはずです。
 これでテーブルの上に食料を置いておくことが
 できなくなりました。

 <日記-11月7日>
 昨晩、りゅうがあまりにも大暴れして、ゴンちゃんの足に
 飛びついてしまうので、りゅうが怖がっておとなしくなるもの
 を考えてみた。っと、その時思いついたのが「ガムテープ」。
 ゴンちゃんが小さい時ガムテープを怖がったので、
 暴れている時に体に貼り付けるとシュンとしてしまってた
 ことを思い出した!
 これだ!と、早速暴走中のりゅうを捕まえ、体にぺったり。
 ・・・全く効果ナシ。
 そんで今度は顔に貼ってみた。最初は気にしてしきりに
 剥がそうとしていたが、こうしてるうちにいっそう大暴走が
 始まってしまった。大失敗である。
 なんかいい案ないかなぁ・・・
 PB060017.JPG
                      <つづく・・・>


りゅうちゃん、散歩中 猫パンチ2発くらいましたっ猫

ニックネーム みんみ at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

りゅうちゃん、お引越し-2003年10月28日 生後66日

PA260027.JPG

ゴンちゃんとの対面は、まだ柵ごしで行ってましたが
数日たってもゴンちゃんの怒りはおさまらず・・・
動けば吠える、鳴けばうなるの繰り返しで
見ているこっちもどうしたらいいのか、悩んでいました。
まさか温厚なゴンちゃんがここまで怒るなんてっダッシュ(走り出すさま)
(多頭飼いを甘く考えてたたらーっ(汗)

こんなことを毎日繰り返しても・・・ということで
思い切ってりゅうをみんながいる1階に
引越しさせることにしました。
サークルやらおもちゃやら運んでいる私たちを見て
ゴンちゃんのとまどう顔ったら・・・

初めて1階の部屋に放されたりゅうは
まず部屋の隅々まで匂いかぎ。
その間もどっしりかまえたゴンちゃんが
遠くからじっと見ていて
ちょっとでも変な動きをすると
大声で吠え掛かっていました。
でも、噛み付くとか危害を与えることは
一切しないんですよね。
ただただ吠えている。
で、りゅうが近づくと逃げるあせあせ(飛び散る汗)
ゴンちゃんもまだ子犬という認識ができずに
びっくりしていたんだと思います。
おかげで先生が言ったとおり
足の傷口を気にしている余裕がなくなって
よかったのかも手(チョキ)

りゅうの反応でびっくりしたのが
ゴンちゃんの前に行ったときに
ゴロンとひっくり返っておなかをみせたこと。
学んだわけでもないのに
この服従行動(?)がとれるとは思いませんでした。
りゅうはどうやら遊んでもらいたくて
しょうがなかったようです。

りゅうは初日こそ吠えられるのにビクッとしながら
非常にスローペースで動いていたのですが
やっぱり我慢できないらしく
毎日少しずつスーパービーグルぶりを
見せ付けてくれました。
数日たったころには、ゴンちゃんの尻尾に夢中になり
何度吠えられても尻尾を振って
立ち向かっていきました。
「ウォ〜ン」って吠えながらわーい(嬉しい顔)
(まだなさけない声なんですけどねっ)

ゴンちゃんのほうも少しずつ打ち解けていき
(我慢できるようになったのかなぴかぴか(新しい)
目の前を通っても、横に並んでいても
ほとんど吠えなくなりました。

こうなったらりゅうのオンステージひらめき
毎日開催ビーグル祭りがスタートしましたダッシュ(走り出すさま)

 <日記-10月28日>
 りゅうが朝寝坊。私が起きるまでぐっすり寝ていてくれた。
 午後のご飯の後、いつものようにゴンちゃんを2階に連れて
 いき、体面させたが、もうそろそろ・・・と思い、
 2匹を部屋に放してみた。りゅうがちょっとでも動くと
 ゴンちゃんが吠え、後ろを着いてまわる。
 りゅうは遊んでもらってると思うのか、大喜びだった。
 で、”もうどうにでもなれっ”ということで
 急にりゅうの引越し開始。
 ここからがもうたいへん!!りゅうはおなかを見せて
 尻尾振って喜んでるのに、それを見ているゴンちゃんは
 ものすごい形相で吠え掛かる。ど〜したらいいのぉ!!

 PA280013.JPG

 <日記-10月29日>
 少し部屋の雰囲気にも慣れたのか、元気に動き回る。
 が、やっぱりゴンちゃんのほうはダメ。
 夕方にはゴンちゃんの目の前を通っても吠えないこと
 もあったが、まだまだ見張ってなければ何が起こるか
 わからない。ふぅ・・・

 <日記-10月30日>
 きのうは1週間ぶりに自宅に帰ったので、久しぶりの
 長距離通勤。あの騒ぎは一体どうなっただろうと
 心配しながら行った。
 あれれ。きのうは目の前を通るだけで吠えていた
 ゴンちゃんが、全くといっていいほど吠えない。
 特に何があったわけじゃないが、今朝からこんな
 調子らしい。ゴンちゃんの足に近づいたときは
 さすがに怒るけど。
 りゅうは調子に乗って、暴れまくっていた。
 ゴンちゃんにかまってもらいたいらしく
 わざと後ろにまわり、尻尾をちょっとだけ噛んで
 バァッーと逃げる。で、さんざん吠えられて
 ゴンちゃんが落ち着いたところで、再び尻尾へ。
 そのうち、ゴンちゃんに向かって”ワンワン”
 ”ワオ〜ン”と吠え始めた。2階にいるときは
 キャンキャン騒いでいただけだったので
 でっかいゴンちゃんに向かって吠えてる姿は
 笑えるものがある。迫力ないし。
 ゴンちゃんの真似したんだろうか??
 いっちょまえに〜〜。

 PA300006.JPG

 <日記-10月31日>
 ゴンちゃんの足の具合が悪い。
 今日は完全に片足あげてる時もあり、ほとんど
 びっこを引いていた。足は腫れてるし・・・
 で、病院に行き 薬をもらう。
 りゅうはそんなことおかまいなしで、そんな
 ゴンちゃんにかまってばかり。こっちがハラハラする。
 昨晩はサークルから自力で脱出したそうな。
 先が思いやられる・・・

 PB010007.JPG
ニックネーム みんみ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

ボスとの対面-2003年10月24日 生後62日

PA170029.JPG

実家のゴンちゃんはとても穏やかなワンコです。
あまり怒ることもなく、普段はぽけ〜と過ごしています。
この年の6月、
ゴンちゃんの右足に腫瘍ができ、摘出手術をしました病院
しかし術後の状態が思ったようにうまくいかず
皮はできても、毛がはえず
暑さでかゆいらしく、傷口を噛んでしまうため
なかなか元通りにはなりませんでした。
(今も直っていません)
その気をそらすためにも
子犬がちょろちょろしているのはいいことかもexclamation
と、先生は言ってました。

そこで、ワクチン注射の翌日
両方とも昼寝中の寝ぼけているときに
ご対面させることにしました。
対面させるときの注意点として先生に言われたこと。

”何があってもゴンちゃんを怒ってはいけない。
 ゴンちゃん側につきながら接触させること”


ここで邪魔者とゴンちゃんに認識させてしまうと
後でやっかいなことが起こりかねないため
何事もゴンちゃんを優先させるように言われました。

でもやっぱり体重差28kg。
そこでゴンちゃんにハーネスを付け
一番好きな母がとなりに。
りゅうはサークルの中にいれたままでの
ご対面から始めました。

ゴンちゃんはりゅうが動くたびに吠え、うなり
落ち着かない状態にあせあせ(飛び散る汗)
そのたびに母が
「ゴンちゃんの弟だよ〜。仲良くしようねぇ」
と言って頭をなでなで。
その反面、りゅうは尻尾をびゅんびゅん振り回し
どうにかして近づこうと必死でしたぴかぴか(新しい)

その後数日間、このままの状態が続きました。
何度対面させてもゴンちゃんが吠える。。。
このままでは埒があかないのと
1階と2階との二重生活に私たちも疲れが出ており
思い切ってりゅうを
1階に引越しさせることにしました。

 <日記-10月24日>
 私が2階の同じ部屋に寝て2日目。
 今朝は4:30に起こされた。
 あまりにうるさいので除いてみると、早朝う○ち。
 40分くらい遊んでたら寝てしまったので
 サークルの中に入れて再度就寝。
 朝ごはんの後に、昨日もらってきたフィラリアの薬を
 食べさせる。最近の薬は発達していて、昔のように
 無理矢理食べさせるものではなく、お肉のような感じ。
 これにはりゅうもおやつのようにペロリと平らげた。
 ゆっくり寝かせてPM2:00のご飯の後、
 寝ぼけたゴンちゃんを2階へ。
 ゴンちゃんにはハーネスをつけて、お母さんにもたれたまま。
 りゅうはサークルの中からのご対面にした。
 ゴンちゃんは吠えたりうなったりしたものの、
 サークルに飛びついたり、
 噛み付いたりということはなかった。
 その反対に、りゅうはうれしそうにしていた。
 PA250009.JPG

 <日記-10月25日>
 昨晩はサークル前にダンボールで目隠しせず、
 半分は私の姿が見えるようにして寝てみた。
 寝るまではギャーギャー騒いでいたが、少しするとあきらめ、
 端っこにまるまって寝ていた。
 そのまま夜中の騒ぎはなく、朝は5:15に起床。
 まだちょっと騒ぐものの、だいぶ夜おとなしくなってきた。
 今日のゴンちゃんとの対面は、きのうより少し長めに10分。
 ゴンちゃんもきのうよりは慣れたと思うが、
 まだうなったり吠えたりしている。
 りゅうがそれこそご機嫌で、尻尾フリフリ、キャンキャンと。
 そのうちゴンちゃんに大声で吠えられ
 ちょっとしゅん・・・としていた。
 きのうから”お手”の特訓を開始。
 「お手、お手」と言いながら、りゅうの手を私の手に乗せる。
 まだまだかなぁ〜と思っていたら、夜のごはんの時に
 5回中2回くらいちゃんとするようになった。
 思わず記念撮影!!
 PA250018.JPG

 <日記-10月26日>
 天気がよかったのでサークル内のお掃除。
 ちょっと動くと汗ばむくらいの陽気。
 今日もゴンちゃんと対面したが、まったく変化ナシ。
 なんだかなぁ・・

 <日記-10月27日>
 昨晩は全く騒がなかったので、ひさしぶりに熟睡できた。
 朝は4:30起き。どうやらう○ちのお知らせらしい。
 私もまだまだ眠いので、
 そのままフトンの上で遊んでやった。
 ちょっと遊んだらまた眠くなったらしく、フトンの上で
 寝だした。まっ、いいか・・・と私がフトンに入ると
 そのまま一緒にフトンの中へ。
 いつもなら顔を近づけるだけで舐めたり噛んだりするのに
 やっぱりあったかいフトンと睡魔には勝てなかったらしい。
 そのままAM8:00までゆっくりと寝ることができた。
 朝ごはんの後のお昼寝のとき、様子を見に行くと
 トイレシートにう○ち跡はあるのに、モノが行方不明。
 ???まさか、食糞???ショッ、ショック。。。
 そんなにおなかがすいてるんだろうか。
 昼ごはんの時に「お手っ」と手を出すと
 1発でできるようになった!いよっし!!
 その後何回か”おかわり”の練習をさせたら、
 コチラも完全に取得!!よしっ、よしっ!!
 今日のゴンちゃんとのご対面は夜ごはんの後。
 こちらはあいかわらずの様子。
 早く一緒の生活を始めないと、
 この二重生活はちっとキツイなぁ・・・ 
ニックネーム みんみ at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

第1回ワクチン注射大会 -2003年10月23日 生後61日

PA220002.JPG

りゅうがやってきて2週間経ち
やっと生後60日を迎えました。
で、初めてのワクチン注射に出かけました。

事前にオークションで購入したキャリーバッグに押し込み
歩いて15分ほどのところにある動物病院へ病院
りゅうにとっては我が家に来た時以来の外出だったので
(父が夜タバコを買いに行く際、だっこして連れ出したので
 怒られてたことはありますが・・・)
さぞかし喜ぶだろうと思いきや
いい子でいるようにとあげたガムに夢中になり
ほとんどバックから顔を出さないまま到着となりました。

病院には他のワンコがいなかったので
ロビーに放してやると、もうそりゃあ大喜びでわーい(嬉しい顔)
初めての場所だし、他のワンコのにおいのするところだから
ちょっとびっくりするだろうなぁと思っていたのですが
そんなことはおかまいなしexclamation
ツルツルすべる床に足をとられながらも
走って走って
先生や助手の人たちのところに行き
ぴょんぴょんはねまわっていました。

今でもそうなんですが
りゅうは病院が大好きなんです揺れるハート
散歩中に病院前を通ると中に入ろうとするし
病院から先生や助手の人が出てきた時に遭遇すれば
尻尾をブンブン振り回して大喜びします。
病院も人も大好きなんですねっぴかぴか(新しい)

そんなこんなですねることもなく
うれションまでしてワクチン注射も終了。
ついでに爪きり(初めは怖いですもん)・便検査をしてもらい
体重測定して(2.14kg)、フィラリアのお薬をもらって
今度はあちこち眺めながら家に帰りました家

ワクチンを打ったら、待ちに待ったゴンちゃんとの対面。
これがほんっとに大変だったんですぅダッシュ(走り出すさま)


 <日記-10月22日>
 今日は満2ヶ月記念。だいぶ大きくなったことでしょう。
 今日から1週間実家へ宿泊。
 行く途中で100円ショップに寄り
 りゅうの体ほどのバスケットボールを買う。
 喜んでくれるでしょう・・・と思いきや
 あんまり乗ってこない。安いのがバレたのかしら。
 こないだオークションで買ったキャリーバックが届いた。
 男の子なのにピンクで、チェックで・・・と思ってたが
 実物を見たらなかなかしっかりしていて、かわいかった。
 注射にも行かなければならないので、
 早速入っていただいた。
 初めはやっぱりイヤがって、スグに飛び出してしまったが
 おやつを中に放り込むと、これにひっかかり成功!
 そしたら急におとなしくなってしまった。
 よし、これで病院に行ける!

 <日記-10月23日>
 今日は早速病院に連れていった。またもやバックに押し込み
 初のお散歩へ。
 最高気温24℃の絶好の秋晴れに恵まれたのに、
 バックの中のガムに夢中で
 ほとんどこっちにお尻をむけたまま。
 そのままおとなしく病院へ到着。
 カルテに記入している間に放してあげたら、
 すぐさま先生のところに飛んでいき、愛嬌をふりまく。
 皆さんから”元気な子だねぇ”と言われ、
 りゅうも大喜び。病院なのに・・・
 無事にワクチン注射・爪きり・便検査(かなり健康!)を
 してもらい、フィラリアの薬をもらってのんびりと帰宅。
 帰り道で通りすがりの男の子に、初めて”かわいいワンコ”
 と言われ、私が大喜び。
 冷静に考えると、子犬だからねっ・・・と。
 先生に”明日からゴンちゃんと対面させてもいいよ”
 と言われた。(始めは5分程度から)
 いったいどうなることやら・・・
ニックネーム みんみ at 18:32| Comment(1) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

まずはおすわりっ!!-2003年10月20日 生後58日

PA160013.JPG

やっぱりワンコを飼ったなら
芸を覚えさせないとひらめき
っということで、まずはおすわりの特訓から。

ここはやっぱりビーグル犬
おやつがあると覚えも早いですたらーっ(汗)
2ヶ月弱の子犬に何をあげたらいいだろうと考えて
ペットショップで見つけた
デビフスナック おすわりくん」を購入。
(↑子犬にあげても大丈夫手(チョキ)
これを使っての特訓が始まりました。

まずはおやつを見せびらかす。
ゆっくりと顔の上のほうに持っていって
片手でおしりをちょいっと下ろさせる。
この間、「おすわり〜、おすわり〜」と繰り返す。
ちょっとでも座ったら(始めはそれこそ笑える座り方)
おやつを「いい子ねぇ揺れるハート」と連発しながらあげる。
あんまり繰り返してるとあきてくるので
繰り返しは10回くらい。
最後は褒めて褒めて「はいっ、おしまい」わーい(嬉しい顔)

始めはおやつに飛びついたり、首をかしげてみたりで
どうかなぁ・・・という感じでした。
でもでも、やっぱりおやつ効果か
特訓3日目には、手をかざして「おすわりっ」と言うと
ちゃんと座るようになりましたexclamation
座り方はおかしなもんですよ、まだ。
これをご飯の時もやっていたら
ご飯器を見ただけで、座って待ってるようになりました。

1個できたら、もっとできるんじゃないかひらめき
と思ってしまうもんで
すかさず「待て」の特訓の開始。
これもご飯の時に「まて〜、まて〜」と言いながら
鼻先にちょこんと手をつけます。
はじめは5秒ほど。
こちらは「おすわり」より時間がかかったものの
段々と手を離していき、
段々と長い時間「待て!」ができるようになりました。

子犬って覚えるの、早いですねわーい(嬉しい顔)

 <日記-10月20日>
 きのうからしつけ用おやつを使って
 ”おすわり”の教育をしている。
 なんだか分かってんだか、分かってないんだか・・・
 たまにやってみたり、
 おやつに飛びついてみたりではっきりしないけど、
 4回に1回くらいはできるようになってきた。
 まだまだかかりそうかな・・・

 <日記-10月21日>
 なんだかいつもより元気な様子。とにかく飛び回る。
 ”おすわり”のほうはだいぶ好調で
 今日はご飯の時、ちゃんとおすわりしたようだ。
 午後のご飯の後、
 ちょっと遊んでからおやつでやってみたら
 おやつを見せるなり、速攻でおすわり。
 これにはちょっとびっくり。
 そんで、調子にのって、”待て”の特訓も始めた。
 やっぱり落ち着きがないので、半分気長に・・・
 と思っていたら、何度かやってるうちに
 ”待て??”というくらいまででいるようになった。
 ん〜でもまだまだかかりそう。
ニックネーム みんみ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

りゅうちゃん、お腹こわす-2003年10月13日 生後51日

PA140018.JPG

同居人のせきぽんが出張が多いので
自宅でひとりぼっちになるとき
私は実家に泊まるようにしていました。
おもしろいしわーい(嬉しい顔)

我が家に子犬がやってきてから数日たつのに
なかなか名前が決まらなかったんです。
母のイエモン好きから「ロビン」にするとか(顔に似合わない)
弟は顔を見た途端、「部長!部長!」って呼んでるしむかっ(怒り)
それで脳ミソフル回転で考え、「りゅう」と名づけました。

「りゅう」という名前は以前飼っていたポメラニアンの名前から。
ほんっとにいい子で、とってもかわいがってたワンコだったんです。
”どうかいい子になってください”という願いもこめて
名づけました。
あとでこの考えは簡単にブチ壊されるんですけどっバッド(下向き矢印)

りゅうが我が家にやってきて4日目にして
やっと身の回りのものが揃い始めました。
りゅうの家となるサークル(東京ペットEZワゴン)には
半分がトイレシート、半分がトレーナーやセーターなど
人の匂いがして、あたたかいものをセット。
このセーターなどの下には、
人間用の電気あんかを巾着袋に入れ、
どこかに隠されないようにサークルにひもで結びました。
(始めはカイロを使っていたのですが、毎日取り替えてたら
 料金もバカにならないexclamationってことで変更)

トイレ特訓のほうは、
う○ちのほうは2回目くらいから
ちゃんとトイレに行ってするようになりました。
はみだすけど・・・
でも、おしっこのほうはあっちこっちに・・・
一緒にいる間は「しそうだなっ」というところで
「ちっこ、ちっこ」と言いながらトイレに連れて行き
サークルの扉を閉め、ちゃんと出来たら部屋に出してやり
「いい子ちゃん、いい子ちゃんぴかぴか(新しい)」とほめ殺しダッシュ(走り出すさま)
もう、それは家族総出で両手を挙げて
大騒ぎをしました演劇
この姿ってとてもじゃないけど近所の人には見せられないったらーっ(汗)
これを繰り返し、繰り返し
1週間たつころには70〜80%くらいは
ちゃんとトイレでするようになりました。

が、ちょうどそのころ。
前の日までなんともなかったのに
急に下痢になってしまいました。
調べてみると、「食べすぎにも原因が」ということ。
とりあえず粉ミルクを中止。(高いしたらーっ(汗)
それでもおかしいので、1回ごはんを抜いてみました。
すると翌日にはすっきり健康体にっひらめき
よかった、よかったと安心するも
子犬だけに、どこか悪いんじゃないかな・・・とか
寒いんじゃないかなぁ・・・とか
必要以上に心配してしまいますよねぇ。
まぁ、当の本人はあいかわらず走り回ってたんですけど。。。


 <日記-10月13日>
 昨日、近所のペットショップで買ったおもちゃを持って
 実家へ。(見てると調子に乗ってきて、どんどん買って
 しまった)ピーピー鳴く初めて見たおもちゃに、初めは
 すごく驚いていた。・・・が、すぐにかじりつき飛び回る。
 今日は実家に泊まる。

 <日記-10月14日>
 夜鳴きがスゴイ!と言われてたので、同じ部屋に寝て大丈夫
 かなぁ・・・と心配したが、電気を消してから10分くらいは
 騒いでいたものの、あとは静かに寝ていたようだ。
 朝は5時に起こされたけど・・・
 朝起きると、昨日設置したトイレで、
 ちゃんとう○ちをしていた。
 これには感激!!教えがいがあるってもんよっ!
 でもまだまだおしっこのほうは部屋中に・・・
 こっちは時間がかかりそう。
 今日は初めての体重測定。私が抱えて体重計で量ったら、
 ちょうど2kg。こんなに小さくても足がしっかりしてるので
 どんなになっちゃうのか??
 
 <日記-10月15日>
 部屋に1人にしておいても、あまり騒がなくなってきた。
 騒いでもほおっておく。
 今日は初めてのテレビ観戦。おっきな箱から声がしたり、
 何かが動き回ってるのを見て、テレビの前にちょこんと座り
 首をかしげながら見ていた。

 <日記-10月16日>
 完全に下痢。食べすぎにも原因があるとの事。
 とりあえずは粉ミルクをやめて、様子を見る。
 それでも食欲はまったくおちていない。

 <日記-10月17日>
 まだダメ。1日中トイレの掃除に追われる。
 寒さが原因かも・・・と、大きいカイロを2個加えた。
 とにかく元気は元気。
 今日は初めて耳掃除に挑戦。耳や爪をさわられるのを
 イヤがらないので、膝に乗せて掃除。
 ちょっと耳アカが出ている。

 <日記-10月19日>
 まだ下痢続きなので、昨晩のご飯はナシにした。
 するときょうは全くしない。どうなってるんだか??
 直ったのかいな??
 今日はあったかい1日だったので、午後になって昼寝を・・・
 と横になったら最後!髪はひっぱるは、耳を噛むは、顔中
 なめるは、顔によじのぼるはで、ちっとも寝てられなかった。
ニックネーム みんみ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

ビーグルの夜鳴き-2003年10月11日 生後49日

PA140026.JPG


子犬を迎えた初日は、私は実家に宿泊。
安心させようとみんなが寝ている部屋の隅に
緊急ダンボール小屋を置いといたのですが
安心もなにも、大いびきをかいて寝ていました。
いびきとごそごそ動く気配に、ゴンちゃんが落ち着かず
夜の間中吠えていたので、みんな寝不足の一夜を過ごすハメに。

昨晩のゴンちゃんの様子では
すぐに一緒に過ごさせるのはまだまだ無理な様子だったので
子犬は2階で生活することにしました。

翌朝6時ころ、ピーピー泣く声で目が覚め
2階の部屋に連れていき、離してやると
それはもう「おかしいんじゃないの?」というほど駆け回り
まだ足元がおぼつかないのか、ひっくり返りながらも
1人(匹)はしゃいでいました。

まだ初日は6時だったからよかったものの
翌朝、また翌朝とだんだんと時間が早くなっていき
しまいには夜中の2時ころに泣き始める始末。
そのたびに父が(知らん顔してたはずなのにっダッシュ(走り出すさま)
2階に行き、寝るまで一緒に遊んでやってたそうです。

これは子犬にはNGexclamationなので
(鳴けば遊んでもらえると思っちゃったら、そりゃ大変exclamation×2
ど〜んな鳴いてても行っちゃダメッ、とおこられる父。
でもすごいんですあせあせ(飛び散る汗) ビーグルの鳴き声って演劇
本当に大声なんで、あんまし父も責められないなぁ・・・
と思いました。

なんせ突然連れてきたものだから
トイレもサークルもなんにもないったらーっ(汗)
その間は部屋の隅っこでジャーッとやらかしてくれてました。
その週末、トイレとサークルを購入。
やっとしつけのスタートとなりましたひらめき
(まだ名前決めてないじゃないっパンチ

 <日記-10月11日>
 ゴンちゃんがあまりにも吠えるので、子犬は2階で生活。
 朝6時から騒ぎ出す。部屋に放してやると、案の定大はしゃ
 ぎ。
 9時頃に朝食。量が足りないのか、一瞬にして食べ終わる。
 ものすごい速さ。
 遊び道具がないので、テニスボールとタオルをしばったもの
 をあげた。これには没頭し、いつまでも遊んでいるので
 無理矢理お昼寝タイム。夕方までそのまま寝ていた。

 <日記-10月12日>
 私は自宅で。
 昼間、お母さんに電話すると、昨日は2時ころにすごい声で
 泣き叫び、ちょっと遊んでやったそうな。
 その後寝たものの、5時には再び
 叫び始め、今度はお父さんがお相手。
 とにかく大声なのでびっくりしていた。
 初日・昨日はあまり大声ではなかったので・・・
 ペットショップの人が「ごはんは1日2回」と言っていたが
 どこを見ても4ヶ月くらいまでは「1日3〜4回」と書いてある
 ので、お母さんに昼ごはんもお願いした。
 やっとサークルを注文。これでダンボールから卒業か?
ニックネーム みんみ at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

子犬みっけ!-2003年10月10日 生後48日

PA130014.JPG

私は暇さえあればネットで子犬探しをしていました。
犬種はすでに決めたので、
関東内で引き取れる場所にいるビーグルを探しました。
この頃には母にも
「犬がいると楽しいよ」とか「子犬はかわいいねぇ」などと
ほとんど洗脳とも言えるように写真を見せていたので
母も「ビーグルはかわいいよねぇ」などと言い出していました。

運命の出会いはある日突然やってきました。
仕事の合間にネットで見ていると
「ビーグル 8月23日うまれ オス 3万円」
なんでこんなに安いの?という疑問もありましたが
添付された写真を見て
「なんてかわいいの!!」と一目ぼれ。

もういてもたってもいられず
すぐに問い合わせをしました。
記事を出していたのはペットショップだったのですが
ブリーダーさんから引き取ったばかりだったそうです。
すでに数件問い合わせが来ており
明日にはその中から大阪在住の人の手に渡るかもしれない、
との事でした。

「早く決めたもん勝ちですよ」
この一言で「この子を渡すもんかパンチ」と心に決めた私は
「今から行きますっ!!!」と返事をし
母に「さぁ、出かけるよ!見るだけ見てみよう」と適当に説明して
仕事をほっぽり出し、電車で約1時間半の場所にある
ペットショップへと向かいました電車

写真で見たワンコはダンボールの中にいて
おぼつかない足取りでうろちょろしていました。
「だっこしていいですよ」
と、私に手渡された子犬。
顔をペロペロなめて、尻尾フリフリ。
よ〜く顔を見ようと覗いてみると・・・

「写真と違いませんか???」犬

相当写真写りがいいのか、
はたまたどっかの子犬と間違えたのか。
一目ぼれしたあの子犬は、
どう見ても「ブサイクあせあせ(飛び散る汗)
でも、この愛嬌ふりまき度はほんっとにかわいい揺れるハート

すると店員さん。
「すぐに準備できますので、今日連れて帰れますよ。
 明日になるとどうなるかわからないし」
え〜!でもなんにも準備してないし
お父さんなんか何にも知らないし
どーする?どーする??
・・・と母に言いながらも、私はすでに連れて帰る方向に。
母も子犬をだっこしながら
「どうしよーかぁ。家に来るかい?」などと話しかけてる。
で、「連れて帰っちゃおう。なんとかなるさっ」ということで、
このビーグルくんは我が家に来ることになりました。
まぁ、その後の清算のときに
ちゃっかり母がお金を持ってきていたことが判明したわけですけども。

子犬はドーナツ10個くらい入るようなダンボールに
新聞紙とペットシーツ、カイロと一緒に入れられ
当面のドックフード(パピー用)とミルクとともに
私の手元にやってきました。
帰りのラッシュの中、1度も鳴くことなく
1時間半の長旅を終え、やっとのことで実家へ。

家に入り待ち構えていたのは
体重30kg(太り気味)のゴンちゃん犬
私たちの帰りに喜びながらも
「なんかおかしい」ということを察知した様子。
とりあえずパソコンが入るくらいのダンボールに
2個のカイロとペットシーツ、ちぎった新聞紙を敷き
その中にピーピー鳴いているビーグルくんを入れ
2階の空き部屋に連れて行きました。

軽い夕食をとった後、
ゴン太くんとご対面に挑戦演劇
私にだっこされた子犬は尻尾を振って大喜び。
その反面、ゴンちゃんは
うなり、吠え、飛び掛ろうとし、
とてもじゃないけどリードを離せない。
こりゃ、当面の問題点だわ・・・と、再び子犬をダンボールへ。
ゴンちゃんはそのダンボールのにおいを嗅ぎまわり
物音がするたびに吠え掛かっていました。
こうして2匹の初対面は大失敗に終わりましたバッド(下向き矢印)

その後、帰ってきた父は
「こりゃあ大変だぞ。知らないぞ」と言いつつも
私たちが見てないスキを狙っては、ダンボールから子犬を出し
膝に乗せて晩酌していましたビール

こうして我が家のビーグル戦争が幕をあけました雷

  <日記-10月10日>
    18時すぎ、我が家に子犬がやってきた。
    ゴンちゃんが吠えまくって、みんな寝れない。
    張本人はいびきをかいて寝ている。
    たいした度胸!
    ご飯ももりもり、ものすごく元気で
    2階の部屋を走り回っている。
    ハウスは当面緊急ダンボール。
ニックネーム みんみ at 08:43| Comment(2) | TrackBack(3) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

ビーグルに決めた!-2003年9月下旬-

PA130003.JPG



何で犬を飼うことになったのか?
まずはここからお話させていただきます。

ちょうどこの頃、
私の実家で同棲生活(?)を送っていた弟カップルが
近くのアパートで新しい生活をスタートさせました。
私は当の昔に実家を出ていたので
それまでにぎやかだった家は、
老夫婦とMIX犬のゴン太(推定9歳)だけが残され
ひっそりとしていきました。

私は実家の仕事を手伝っているため、
毎日向かうこのぽっかり穴が開いたような家に入り
「なんか寂しいのぉ・・・」とつぶやいていました。

んで、急にひらめいたのです!
「ちっこいワンコでもいれば活気付くでしょっ!
 みんなワンコ大好きだし!」
そんな私の勝手な発想はどんどんふくらんでいき
誰にも相談せずに、ネットでワンコ探しを始めました。
それと同時にどんなワンコがいいのか
その性格・成犬の大きさなどを研究。

そんな中で
「愛嬌たっぷり」「元気いっぱい」「人が大好き」
といいこと尽くめで書かれていた犬「ビーグル」に
スポットがあたりました。
そんなワンコなら、もってこいじゃない!!

んで、私は勝手にビーグルの子犬さがしを始めました。
このときの調査では
どこにも「暴走犬」とは書かれていなかったのです・・・

つづく・・・
ニックネーム みんみ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

ビーグルのススメ

ビーグルって調べてみると
「1番飼いにくい犬」「ビーグル飼えれば何でも飼える」
っていわれてるのご存知ですか?
でも私はあえてビーグルを飼うことに決めました。

ビーグル犬「りゅう」と一緒に生活を始めて早1年8ヶ月。
この間、ほんっとにいろいろな出来事がありました。
どこの家でもこうなの??って思うほどあせあせ(飛び散る汗)

で、このブログでは
今までメモ程度に残していた成長の過程を中心として
大声出して笑ってしまったことや
なんてかわいいっぴかぴか(新しい)と感じたこと、
どうして?なんでっ?といった問題行動、
頭をかかえた分離不安の克服などなど
ご紹介していきたいと思います。

これからビーグルを飼おうと思っている方のみならず
子犬を迎えたばかりの方、
成長過程で悩んでらっしゃる方に
見ていただけましたら幸いです。

ニックネーム みんみ at 07:10| Comment(2) | TrackBack(0) | りゅうの実家編〜8ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

救え!!消えゆく小さな命達

緊急レスキュー 広島ドッグパーク崩壊
緊急レスキュー 広島ドッグパーク崩壊

アークエンジェルズ
アークエンジェルズ

アークエンジェルズ ブログ

広島ドッグぱーくホームページ管理者ブログ


***報道***

・10/3 TBS系列「イブニング5」放送
 http://eventkyusyu.axisz.jp/tbsdogpark.asx
・10/2 vioce(You Tubeより)
 http://www.youtube.com/watch?v=jBIuWnNNeXE


***現場に行かれた方のHP・ブログ***

LitStaShu*(広島支部長しなこさん)

杉の泊いぬ日記・2(くびふろさん)

Tansoku-devil(syuraさん)

裏むぎゅず(むぎゅずままさん)

アニマルイタコ峰ハチヨのHP(プロカメラマン峰 八代さん)

がんばれ!羽虎。☆フレンチブルドッグ満腹ブログ☆(羽虎パパ&ママさん)

BLOG・JUN君といっしょ〜♪(JUN母さん)

馬と犬とのくらし(ニタコさん)

わんダフルLIFE(ナナパパさん)

コーギー親子「ももみ」の食べて走って寝て・・・(ももみさん)

救え!広島ドッグぱーくのわんこ達(私設応援団)

Quilly里親8匹日記(ぽちのあさん)

犬猫三昧^^(エトママさん)

ちんぴら犬リューの更生日記(adaさん)

BOW-ONE!!(ぴぃ1122さん)
ニックネーム みんみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レスキュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

2005年06月02日

チーム ハミダシ会員証

hamidasikaiintop01.gif


001くま 

002りゅう 

003ハナ 

004マシュー 

005モカ 
ニックネーム みんみ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | チーム ハミダシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンクについて

「ビーグルのススメ」はリンクフリーになっております。
いつでもどこでもリンクしていただいて結構です。
事前・事後連絡も必要ありません。

リンクをしてくださるステキな管理人様で
バナーがご入用な方は下をご利用になってください。

 (注)バナーは必ずお持ち帰りになってくださいねっ。

banner01.gif  88×31サイズ


banner02.gif  120×90サイズ


banner03.gif  234×60サイズ

ブログ名:ビーグルのススメ

リンク先:http://ryubeagle.a-thera.jp/
ニックネーム みんみ at 00:00| Comment(1) | リンクについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする