アバウト   リンクについて   クラブ活動   ウェブリング   チームハミダシ

2006年12月31日

良いお年を・・・



「今年も残すところ・・・」なんてのん気にしていたら
あっという間に大晦日。
1年ってほんっと早い 飛行機

我が家にやんちゃなくまがやってきて長らく休んでたこのブログを再開したのが6月。
今まで甘えん坊でのんびり過ごしてきたりゅうがいきなりお兄ちゃんになり
どうするか・・・と心配してたのもおかしなくらい、
とってもやさしくて、いいお兄ちゃんになってくれました。

ビーグルなのにご飯を喜ばないぃ〜」と嘆いていたのも嘘のようにモリモリと食べるようになり
お揃いで作ってあげたベットも、今では全く入らないくらいスクスクと成長。
やっとの思いで上ってたソファも、その後は簡易トイレに変身 もうやだ〜(悲しい顔)
お散歩デビューした途端、足あげちっこして驚かしてくれたのも
今ではいい思い出デス。

りゅうが3歳になった8月。
初めて2匹一緒に病院に連れてった日にダブルで逃走してヒヤっとさせてくれましたわっ。

秋を過ぎてからはくまたんのちっこいちんち○にブスッとから始まり
りゅうの爪とれて大騒ぎしたり
これまたりゅうがヒヅメを飲み込んで胃を悪くしたりと
今まで病院とは無縁だったみんみ家、今年はお世話になりましたっ。
(まぁ、どれもたいしたコトなくてよかったけど・・・)

そしてあの悪夢
思い出したくはない出来事だったけど
決して忘れてはいけない命の大切さ、家族の絆
いっぱいいっぱいのことをあの日、教えてもらいました。

いろいろあったけどとっても楽しい1年だった!
特別なことは望みません。
来年も毎日笑顔でいられるような1年になってくれればいいなっ。
そう思います。

このブログを通して、今年だけでもいっぱいいっぱいステキなお友達ができました。
楽しかったぁ〜〜 わーい(嬉しい顔)
本当に本当にありがとうございましたっ。
また来年も懲りずに(?)りゅうとくま、そしてみんみを
どうぞよろしくお願いします るんるん

それでは皆さん、また来年!
よいお年をお迎えください。。。


みんみ

ニックネーム みんみ at 10:01| Comment(3) | TrackBack(0) | りゅうとくま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

年末の過ごし方






ニックネーム みんみ at 10:26| Comment(3) | TrackBack(0) | りゅうとくま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

楽しいクリスマス♪


ニックネーム みんみ at 14:02| Comment(3) | TrackBack(0) | りゅうとくま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

ヒヅメ注意報!



みなさん、楽しいクリスマスをお過ごしですか?
我が家にもなりきりトナカイさんが2匹
やってきてくれましたっ 揺れるハート
ちょっとお兄ちゃんのほうが不機嫌ぎみ・・・顔(汗)

我が家のクリスマスレポートはまた今度にして
くまたん1匹旅」に続く、先週のもう1つの出来事。
今回の主役は・・・お兄ちゃん「りゅう」です。

くまも(無駄に?)元気に走り回ってた21日の木曜日。
時は辺りもまだ暗い午前5時。
「ゲボゲボ」という音で私は目覚めました。
起きていくと、りゅうさんリビングでゲボッと バッド(下向き矢印)
まぁよくあることだし〜で始末をした後で
ケロッとしてるりゅうさんと共に再び就寝。

・・・とそれから1時間後。
再びりゅうさんゲボッと。。。
今回は私が片付けてるところから離れて、またゲボッと。
そこを片付けてるとまた違うところでゲボッと。
ん〜〜〜、なんだかおかしい。。。

でも具合悪そうでもなく、その後は普段どおりのりゅうさん。
食欲もたっぷり、睡眠もたっぷり。
いつもどおりの1日を過ごし、そろそろお散歩・・・という時になって
再びあっちこっちでゲボッと。
その後は「お散歩ぉ〜」とせがみ、スーパーパワフルなお散歩に行き
帰ったら「飯だぁ〜!飯!」と。
ん〜〜、なんだこりゃ?
念の為、ご飯をいつもの半分にして様子を見ることに・・・
「もしもう1回ゲボッといったら病院行こうねっ」と話してました。
その夜は何事もなく、くまとのバトルも盛り上がり就寝。


翌金曜日、午前4時。
ベットから降りてくりゅうさんの動きで目が覚めた私。
りゅうが行ったリビングに行くと・・・ 再びゲボッと。

「もしかして病気なんじゃ!!!」

お兄ちゃんになり、3歳を迎えたりゅうさん。
今まで病気知らずで元気いっぱいだったけど
もしかしたら・・・もありうる。
・・・などなど頭を駆け巡り、午前中病院へ連れて行きました。

先生に昨日から今日にかけての状態を説明し
「すごく元気で食欲もあるし、うん○もいつも通り・・・」と言ってると
先生「なんか変なもの食べたとか〜?」
私「・・・う〜〜ん。特に・・・」
先生「ちょっと賞味期限の危ないものとか〜」
私「・・・う〜〜ん。ないなぁ」
先生「固いものとか〜」
私「・・・・・う〜〜ん。あっ!!」

それは水曜日の夜の事。
最近くまたんがお気に入りのヒヅメちゃんを
たいして興味もないりゅうさんが奪って、奪い返してって遊んでた。
「ほんじゃ、もう1個りゅうにもあげるからぁ〜」と
くまたんががんばってちっちゃくしたヒヅメちゃんをりゅうさんに。
2匹並んでカミカミ、それはそれは微笑ましい光景でしたわっ。
しばらくしてふと気付くと
「あれ?りゅうちゃん、ヒヅメ飲んじった?」
りゅうさん、大好きなミルクのガムもいつもちっちゃくなったらゴックリンコ。
探しても見つからないので、
どうやらいつもの調子でヒヅメちゃんもゴックリンコしたらしい
のです。
でもその事がゲボッとする原因になるとは思わんかった!

私「固いものっていえば、その前の夜にちっこいヒヅメ飲んじゃったみたい。
  探したけどなかったもん!」
先生「ソレだよ。ソレ!」

ヒヅメちゃん、消化はするけど時間がかかるから
その間に胃の中を傷つけちゃってるんだろう・・・と先生。
りゅうさんに抗生物質の注射をブスッと 注射
もういっちょ吐き気止めの注射もブスッと 注射注射
4日分の抗生物質のお薬と、胃にやさしい漢方のお薬をもらって
1回のご飯の量は少しずつやわらかめのもの、
固いものは当分禁止、と注意を受け
「これでも吐くようならまた連れてきてね」と言われ
元気いっぱいのりゅうさんと共に帰りました。

それからは全く問題ナッシングのりゅうさん。
困ることといえば、フードをふやかしている間待ってられず
「早くしろぉ〜!早くその飯よこせぇ〜!」と大暴れしてくれること ダッシュ(走り出すさま)
あなたの身体のためにふやかしてるんですけど・・・ 顔(汗)


こうしてやっとやっとみんみ家、いつもどおりの賑やかさに戻りました。
元気元気で年末〜お正月を迎えられそうです。
なにはともあれ・・・よかったよかった 顔(イヒヒ)


***ヒヅメちゃん、在りし日の姿***


もうあげないからねっ!!
ニックネーム みんみ at 18:35| Comment(4) | TrackBack(0) | りゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

最高のプレゼント

1週間のご無沙汰です。

みんみ家、この1週間の間にいろんな事がありました。
やっと落ち着きを取り戻したところです。
今日はこの1週間にあった出来事をご報告します。

その前に。
あまりご心配をおかけするといけないので・・・
みんみを始め、せきぽん・ちーこ・そしてりゅうとくま。
みんな元気にしてますので
その事を頭においてお読みください。

今回の主役は8ヶ月を迎えたばかりの「くま」です。



17日 日曜日。
この日はせきぽんがお休み。
夕方になり「お散歩どうする?」と声をかけると
「ちょっと仕事しなくちゃならないんだよ」という答え。
まっ、しょうがないか・・・と私は先にりゅうの散歩に出かけた。

帰ってくると家は静まり返っていたので
「せきぽん、お散歩行ってくれたんだねぇ」とりゅうに話し掛け
りゅうを家に入れようとしたとき、家に向かって走ってくる足音が。
「りゅうちゃん、くまたん帰ってきたよぉ。」

・・・が、家に着いたせきぽんの一言で、身体が凍りついた。
「くま、帰ってきた?」
「えっ?」
「やばい!くまが逃げた!」

自分の部屋に居たちーこを大声で呼び、りゅうを預け
携帯と大量のジャーキーを持ち、私は家から駆け出した。
せきぽんを見つけ「いた?」「いない!」
パニックになって話しまくるせきぽんに
逃げた場所と走っていった方向を聞きだし
二手に分かれて走り出した。

家の近所、いつもの散歩道、行きそうなところ。
「くまー!くまー!」と大声で叫ぶが反応はない。
一旦家に戻り、自転車に乗ってまだ探していない道を走った。

自転車や車がよく通る道に出たとき、
数十メートル先、道の真ん中に外灯に照らされた犬の姿が見えた。

いた!

「くまーー!」と叫ぶと、こちらを振り向いた。
間違いない。
「くまー!くまーー!」
自転車から降りようとした時、私のいる場所とは反対方向に走りだした。
その前方から車が走ってきて、くまの姿を照らした。

「きゃあーーー!!」
私は必死で叫んだ。
すると車は止まり、その脇をすり抜けるようにくまは走っていってしまった。
すぐ左側は地下道路や高速道路の出口を建設しているほどの大通り、
前方には山手線の大きな駅まで続く大通りになっている。
車がひっきりなしに走っている中、飛び出してしまっては・・・

「つかまえて!つかまえて!」
大声で叫びながら、猛スピードで走っていった方向に向かうと
そこにいたおじさんが「犬?あっち行ったよ」と教えてくれた。
くまは大通りに出ることなく、
店が立ち並ぶ、駅前の通りを走っていったようだった。
多くの人と自転車をすり抜け、名前を呼びながらとにかく走った。

どこかで止まってて。お願い。
道行く人や犬の散歩をしている人に聞くが誰もわからず
そのうち駅前のにぎやかさからも遠ざかり、だんだん人も少なくなってしまった。
前から歩いてくる人に片っ端から
「ビーグル見ませんでしたか?子犬なんです。」と聞くが
誰も見ていない。
横道に入ってしまったんだろうか。
誰かが連れて行ってしまったんじゃないだろうか。

途中、駅前で声をかけた犬を連れたおじさんが
「まだ見つからないの?でも大丈夫だよ。まだ轢かれてないみたい・・・」
最後まで聞かず、私は走り去った。

あの時、私の叫ぶ声を聞いて、くまは走っていってしまった。
怒られると思ったのかも。
もしかしたら追いかけっこしてるとでも思っているのかも。
また見つけたとき、どうしたら・・・

そう考えて、私は急いで家に戻った。
ちょうどくまが帰っていないかと様子を見に戻ったせきぽんに
「りゅうを連れてくから」と自転車を渡し、喜ぶりゅうに首輪を付けた。
「お願い、りゅう。くまのところに連れて行って」
くまは絶対りゅうのところに飛んでくる。
間違いなく来る。

いつもの散歩道、住宅街の中をりゅうと歩く。
交差点で「くまー!」と叫び、出てきてくれないかと祈る。
夢中で歩き、地下鉄のとなりの駅前に着いた。
いつもの散歩ではこの手前で曲がってしまうのでここまで来ることはない。
でもあの見失った駅前からまっすぐ走ってきている可能性もある。
駅前は人と自転車でごったがえしていたが、
迷い犬が保護されている様子や走り去った後の様子は全くなかった。
しばらく駅前の通りを歩いたが、結局てがかりもなく、
横道に入り住宅街を自宅方向に向かって少し歩いた。

その時、ふと「駅前通りを自宅方向に戻って歩いてみよう」と思い
さっきとは違う横道を通って、駅前通りに出た。
通りに出て止まり、再び叫ぶ。
「くまー!くまー!」

目の前には横断歩道。向こう側に渡ってなきゃいいけど・・・
と前方を見たとき、大通りの反対側の交番が目に入った。
その交番の前で大きなおまわりさんと女性がひとり。
なにやら話しながらこちらを見ている。
するとおまわりさんがこちらを指差し
近くにいた女性が横断歩道の前まで出てきた。
気になって、私も横断歩道の前に立った。

「犬、探してます??」
「はい!この犬と同じで少し小さくて。ビーグルです。子犬です!」
私は信号も気にせず、りゅうと走った。

するとこの女性が後ろを振り返って叫んだ。
「いたよぉーー!」
「いまね、おしっこしたいみたいだったからお散歩させてるから」

ほんとに!ほんとにくまなの。
「あっ、あの子?あの子でしょ?」
この女性の母親らしい女性が、
道の匂いを嗅ぎながら歩いている子犬を連れて、こちらに向かってきた。

「あの子です!あの子です!」
「くま!!」
あの時のようにピンと背筋を伸ばしてこちらを見たくまが
私とりゅうに向かって歩いてきた。
「くまぁ、よかった。よかった・・・」

くまはこの人の家の前でチョコンと座っていたらしい。
前に犬を飼っていたから匂いがするんだろうね、と言っていた。
もしかしたら自宅の門と似ていて、家に帰ってきたと思ったのかもしれない。
首輪もリードも付けてるから逃げてきちゃったんだろうと思ったが
家に置いとくこともできず、交番に連れてきたところだったそうだ。

すぐにせきぽんに電話し、場所を教えた。
「こっちに渡ってたんですか?お宅はこっち側なんですか?」と聞くと
「家は向こう側だから渡ってなかったよ」と。
「すごく怖がりだから、大通りは渡ることはないと思ってたんだけど・・・」と言うと
「あっ!やっぱり怖がりなんだぁ。
 さっき交番の中にいたんだけど、おまわりさんが引き出し開けるたんびに
 ビクッてするから、きっと怖がりなんだよ〜って言ってたの。」
キョトンとしているくまを見て、みんなで笑った。

しばらくすると心配顔のままのせきぽんが
自転車に乗って迎えにきてくれた。
「よかったぁ、よかったぁ。」この言葉しか出ず、すぐにくまを抱きかかえた。
女性2人にお礼を言い、2人が帰っていくと
せきぽんがまず「足を見て。大丈夫?足踏んじゃったんだよぉ」と言い
くまを持ち上げた。
私はよく見てから「大丈夫だよ。だってあんだけ走ったんだから。」とせきぽんに言った。

「さぁ、みんな!お家に帰ってごはんにしよー!」

家までの帰り道。
せきぽんをこっぴどく叱り、やっとその時の状況を聞いた。

くまの散歩の帰り道。
もうすぐ家というところで、せきぽんがくまの足を踏んでしまい、
くまが「ギャンッ!」と泣いた。
あまりにも大きな声だったんでケガをさせてしまった、とあせり
抱きかかえようとしたところで
足を踏まれてパニックになったくまが逃げようとし
リードが手から離れ、一瞬のうちにくまが走り出してしまった、と。
逃げた時、くまが家の方向に走っていったので
家に向かったと思い、戻って私に「くま帰ってきた?」と聞いた。

もう少しりゅうとゆっくり散歩していれば
もう少しくまがりゅうに近づいていたら
こんな大騒動にはならなかった。ほんの数分の差だったのに。

家に着くと、家周辺を探してくれていたちーこが
笑顔で私たちを待っていてくれた。
すぐにお腹をすかしたりゅうとくまにご飯をあげ
せきぽんが交番に置いてきた自転車を取りに行ってる間、
私はちーこにくまと再び出会えたときの話をした。
その周りでは満腹になったりゅうとくまが
いつもどおりはしゃぎ、走り回っていた。

「おわびに・・・」と不二家のケーキを片手に帰ってきたせきぽんも交え
「今日は飲んじゃお!」とビール片手に
1時間ちょっとの間に起こったことをみんなで話し
笑い、そして泣いた。
「よかった、よかった」何百回もみんなでそう言った。

「今年は宝くじ買っても絶対当たらないよ。
 3人分の運をぜ〜んぶ使い果たしちゃったもんね」
ほんとだね。
でも何億当たるよりもうれしい事が起こった。

くまはケガしてるどころか、1つの汚れもつけずに帰ってきた。
「きっとちょっと早いサンタさんからのプレゼントだよ」
いくつもの奇跡を起こしてくれた。
こんなステキなプレゼントはない。
こんなに欲しかったプレゼントはない。
ありがとう。ありがとう。

せきぽんが買ってきたケーキのクリームを
りゅうとくまの鼻につけ
少し早いクリスマスパーティをした。


18日 月曜日。
ちーこは「帰ってもちゃんと待っててね」とくまに言って
せきぽんは「朝まで寝られなかった」と言って
2人とも仕事に出かけた。
私とりゅうとくま。いつものお留守番。

いつもと同じなのに、昨日の事が頭から離れず
急に怖くなった。
あのとき・・・
あのとき・・・
何も手につかず、涙があふれて、身体が震えた。
たまらなくなり、2匹を抱えて
暗くなるまでベットにもぐっていた。

りゅうに散歩をせがまれるが、ただただ怖い。
昨日通ったあの道を通るのが怖い。
1日外にも出ず、静かに過ごした。

夜中、仕事を終えせきぽんが帰ってきた。
体中痛くて仕事にならなかった、とボヤく。
「朝出るときも、今帰ってくるときも
 昨日必死で走った駅前の道通って怖くなった」とせきぽんが言った。


19日 火曜日。
心配した母が遊びに来た。
駅まで自転車で迎えに行くが、やはり恐怖は消えず
急いで駆け抜けた。

突然の母の訪問に、2匹は大喜び。
少し落ち着いたところで、あの日の事を母に話した。
母が孫のようにかわいがっているりゅうとくま。
「くまちゃん、もうどこにも行っちゃダメだよ」と言い
おやつをいっぱいあげて帰っていった。

夜、やっとの思いで散歩に出かけた。
りゅうはいつもどおり大暴れの散歩をしてくれた。
家に帰り、りゅうにご飯をあげ、次はくまの散歩。
首輪やリードが壊れていないか見ると、
壊れてはいないものの、リードのあちこちが擦れていて
白かった部分が汚れていた。
そっか、ずっとひきずってたんだもんね。

くまに首輪をつけるといつものようにリードをくわえて玄関へ。
外に出ると、いつもよりゆっくりした足取りでトコトコ歩き出した。
途中、横を自転車が通るとビックリして逃げようとする。
また、車のライトをじっとみたまま動かず立っている。
少しの物音に飛び跳ねる。

何より一番怖い思いをしたくま。
誰にも守られず、ただ1匹歩いている間何があったかはわからないが
あの小さな身体で、たくさんの怖い思いをして帰ってきたんだろう。

立ち止まるたびに私はしゃがみ
「大丈夫だよ。お姉ちゃんが一緒にいるよ。」と頭をなでて
15分ほど散歩しただけで家に帰った。



その翌日には元気に楽しそうにお散歩するくまに戻っていました。
家でもあいかわらず、りゅうを追っかけまわしています。
私もなるべく考えないように・・・と、
いつもと変わらない日々を過ごしています。



いくつもの奇跡と人々のやさしさを大切に
これからも楽しい日々を過ごしていきたいと思って・・・



・・・と思ってた矢先!
まだまだ落ち着かないみんみ家。
このお話はまたあとで・・・
ニックネーム みんみ at 14:45| Comment(9) | TrackBack(0) | くま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

イスまくら

みんみ縫製工場、只今クリスマス休暇でございますぴかぴか(新しい)
 (↑社員もいないのにっ!)
その間、社長はこんなことをしております。。。



最近、編み物が楽しくって楽しくってるんるん
クリスマスまでにぃ〜〜と始めた手編みセーター。
のんびりしすぎてちっとも進まずたらーっ(汗)
こりゃ、来年まで持ち越しそうです・・・

びーぐるずがお昼寝して静かになってから始めるんですが
しばらくすると、どっからともなく
やっぱりアイツがやってくるぅ〜〜

でも邪魔しに来るんじゃないんですよっ。



私の足にピッタリ身体をくっつけて
あごはイスの足に乗せ
あったかぁ〜いヒーターのまん前。
こりゃ、くまたん 幸せですわねっ。



ちょこっと苦しそうだけど・・・顔(イヒヒ)
ニックネーム みんみ at 11:34| Comment(4) | TrackBack(0) | くま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

祝!くまたん8ヶ月!







*****今月もおまけ*****



このペットボイジャーも今では・・・・・顔(泣)
ニックネーム みんみ at 17:45| Comment(3) | TrackBack(0) | くま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

ガラ空き


ニックネーム みんみ at 11:11| Comment(6) | TrackBack(0) | りゅうとくま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

師走でやんす


ニックネーム みんみ at 17:59| Comment(2) | TrackBack(0) | りゅうとくま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

ちょいツメ



皆様にもいっぱいいっぱいご心配をいただいたりゅうさんの爪。
約1週間、お散歩をお休みしたところ
あらまっ Clap
ちょこっと爪がはえてきましたっ。ウフッ うれしいぃ 顔(イヒヒ)
まだちっちゃいながらも、指をあてると「コン、コン」という爪の感触。
犬の回復力ってスゴイですねっ。

ちょっと様子を見ながらの短いお散歩しかできませんが
それでもりゅうさん、満足な様子。
早くいっぱいお散歩したいねっ るんるん
ニックネーム みんみ at 14:14| Comment(7) | TrackBack(0) | りゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

ボロボロ




このままだとコントみたいに座った途端に「ドデン!」となりかねない・・・顔(汗)
くまたん、只今家中リフォーム中。
すでに壁紙、ドア、木の柵、マットなどなど
元には戻せない姿に変えてってくれてます 顔(なに〜)

犬の嫌いなニオイスプレーも既に効果ナシ。
試しにやったわさびスプレーもペロペロと舐めてくれましたっ。
う〜〜〜〜〜

くまたんに苦手なものなんかあるのかいな??
何かいい方法があったら教えてちょーだいっ!!!

ニックネーム みんみ at 10:16| Comment(8) | TrackBack(0) | くま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

りゅうとネコの関係

みんみ家が住んでいるところは、下町風情のある町です。
商店街の「大売出し」の垂れ幕をつけているおじいちゃんたち、
古くからある花屋さんの前で
イス持参で話し込んでるおばあちゃんたち。
そして、下町といえばのんびり顔のネコちゃんたち 猫

私は実家でネコを飼っていたことがあるので好きなのですが
困っちゃうのが”りゅうさん”。

ネコを発見したと思えば「ウギャオォーー」と
駅前まで聞こえるかのような声で叫びまくり
這ってでもネコを追っかけようとします。
通称「ネコ祭り」
その騒ぎようったら、ちょこっとハズカシクなるくらい たらーっ(汗)

ジャーキーを鼻先につけて気をそらそうとしても
完全無視。
ネコが立ち去った後をじーーっと見たまま、しばらく動かず。
やっと歩いたと思ったら、数歩歩いて振り返りの繰り返し。
いったんネコを発見した場所は絶対忘れず
次の日のお散歩では、くまなく探し始める始末。

家にいたって状況は同じ。
みんみ家のちっこい庭で、我が家のように過ごしているネコ数匹。
せきぽんのバイクをマイベットにしているネコ1匹。
そのネコたちを見つけては大騒ぎ。
好きなのか、嫌いなのか・・・ うぅ〜〜〜

こないだのお散歩のときも「ネコ祭り」3回戦 ダッシュ(走り出すさま)
もーー そりゃあ大興奮の中、やっとこさ家にたどりつきました。
ため息つきながら、りゅうさんの足をふこうとすると・・・


あああああぁーーー


せっかくかさぶたが出来て順調に回復してたあの爪あと
再び流血し、他の足にまで血が飛び散ってたよぉーーー バッド(下向き矢印)
しかも我に返って足上げてるし・・・

「落ち着いて〜」と言ってもわからぬりゅうさん。
このままだと治るもんも治らん・・・という事で
しばらく「お散歩中止令」を発令しました。。。
かわいそうだけど、仕方ないんよぉーーー

本日発令4日目。
「そろそろ怒るかなぁ〜」とは思ってますが
ごはんを食べれば散歩の事も忘れてしまうりゅうさん。



今日もそのまま安静にしといてくださいなっ くすり


ニックネーム みんみ at 18:25| Comment(6) | TrackBack(0) | りゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする